間違ったニキビ対策をしないために!ニキビ跡の対処法を考えましょう

間違ってもニキビを潰さない事

もしニキビを潰す癖があるという人が近くにいるのなら、その癖をすぐに直すように伝えてあげてください。昔はニキビを潰しても平気だったのに、大人になってからはニキビを潰した傷跡が、確実に残るようになってしまったという人も少なくありません。ケロイドのように皮膚の色合いが変化して、ニキビ跡が残ってしまう人もいます。皮膚にケロイドができやすい体質に、突然に変わってしまったという人もいますから、ニキビを潰す癖だけは絶対に直すようにしてください。ニキビを潰すのではなく、皮膚を清潔に保つ事が一番のニキビ対策だと考えましょう。

毛穴が綺麗になるように顔を洗う

ニキビが顔の同じ場所にできてしまう事に悩んでいる人は、毛穴の奥深くに菌類や皮脂が溜まっていて、皮膚に炎症を起こしている可能性を考えましょう。そういう人は洗顔をする際にも、手に力を込めて皮膚を洗ってしまっている事が多いです。力を込めて皮膚を洗ってしまうと、毛穴を押し潰すような形で洗顔をする事になり、毛穴に石鹸の泡が入り込まなくなってしまいます。優しく顔面を撫でるように洗う事が、ニキビ対策としての正しい洗顔方法だと考えてください。

脂っこい食事を減らす際の注意点

ニキビを増やさないために、脂っこい食事を避けているという人は、脂肪分の摂取量が減り過ぎないようにも注意してください。脂肪分の無い食事しか口にしない生活が続いていると、皮膚の水分を保つために必要な皮脂まで分泌できなくなってしまいます。その栄養の偏りによってニキビが増えてしまったり、皮膚がヒビ割れを起こしてしまうという人も多いです。無理に食事制限をするのではなく、脂肪分の摂取量を半減させる程度にしてください。

ニキビ跡は、美容整形などを利用して消すことができるようになりました。また、化粧品などでも薄くすることができます。